読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BookShelf Tour2016

今週のお題「わたしの本棚」

 

このお題は乗っかるしかないでしょ!ということで。本棚の話を。

BookTubeで人気なビデオとしてBookShelf Tourなるものがあります。自分の本棚を紹介する企画で、1冊ずつ手に取ってザーッとタイトルを紹介している人が多いです。BookTuberは大抵大きな本棚を持っているので撮影が大変そうです(笑)初めは人の本棚見て楽しいか?と思ってしまいますが、これが意外と楽しい。殆どの人が持っている本もあれば、あまり見たことがない本もあって、その人の好みがわかります。本を色別に分けている人もいます。本棚を見たときに綺麗ですが、そうとう本を持っていないと難しそうです。

 

では、本題の「わたしの本棚」に行きましょう!読んだ本は、読んでいない本はでタイトルを書いています。

 

私の洋書は本棚4段分のスペースを使っていますので段ごとに紹介します。

 

 

1段目 Middle Grade & Historical Fiction

Peter Pan

Peter Pan : Sir J. M. Barrie : 9780062362223

amazonで見当たらないのでBookDepositoryのリンクを貼っておきます。

特殊なバージョンで、仕掛けが満載です。いいお値段したけど満足してます。ピーターパンって話は知ってるし、映画も見たことがあるけれど本で読んだことがなかったので購入。Tiger Lilyという本が気になっているのも理由の一つ。

 

The Complete Illustrated Fairy Tales Of  The Brothers Grimm

TLOSを読んでいるときに出てくるグリム童話のキャラクターをほとんど知らなかったので。グリム童話の本は沢山あるのですが、これが話の数が多かったので選びましたが、ぶっちゃけ、ほぼ読めていないという…ちょくちょく読みたいなとは思っています。

 

Little Bear 

Little Bear's Visit

A Kiss For Little Bear by Else Holmelund Minark

これはもともと家にあった3冊。日本語版も持っていて、小さい頃読んだ記憶もあります。英語では読んでいない…と思います。

 

Nate The Grate by Sharmat Simont 

以前ブログでご紹介した洋書に興味を持ち出した頃に買った本です。数分で読めます。昔図書館でこのシリーズをよく読んでいたのを思い出しました。

 

My Father's Dragon by Ruth Stiles Gannett

これも昔読んだことがある本で、もともと家にあったものです。

 

Matilda 

Fantastic MR.FOX

George's Marvelous Medicine

by Roald Dahl

私が洋書に興味があると知った家族や親戚がくれた3冊。子供向けの本なので簡単かと思いきや以外と言葉遊びがあったりして難しかった印象。そろそろ再チャレンジしようかな。

 

The Land of Stories 1〜3 by Chris Colfer

The Land of Stories: The Wishing Spell

絵本以外で洋書を読んだのはこれが初めてなので思い入れがありますね。4巻以降持っていないし読んでいないのですが、読みたいとは思っています。 

1巻と2巻に関してはCDのAudio Bookもあります。高かったな(Audibleと比べるとちょっと哀しいな)

 

A Great And Terrible Beauty by Libba Bray 

A Great and Terrible Beauty

Historical Fictionが読んでみたくてとりあえず買ってみた本。早いとこ読みたいけど、優先順位がそこまで高くない…でも読みたい。

 

The Luxe by Anna Codbersen

The Luxe (Luxe Novel)

上と同じく。でも数ページは読みました(笑)

 

The Agency 1〜3 by Y.S.Lee

The Agency: A Spy in the House (The Agency Mysteries)

1巻に関しては100ページ以上読んでます。これも早く読んじゃいたい!

 

Outlander by Diana Gabaldon

Outlander: A Novel

Book Offで100円だったので即購入。日本語では読みました。英語でとなるとまだ難しいかな。時間もかかりそうです。

 

2段目 Fantasy

The Twilight Saga by Stephenie Meyer

Twilight (The Twilight Saga)

1巻は読みましたが2巻以降は買っただけ。もちろん、翻訳版では全部読んでいます。

 

The Kiss of Deception by Mary E. Pearson

The Kiss of Deception (The Remnant Chronicles)

8月には2巻のPaperBackが出るのでそれまでには読む予定です!

 

The Wrath and The Dawn 1・2

 by Renee Ahdieh

The Wrath and the Dawn

今1巻の半分を過ぎたあたりです!今月前半には2冊とも読みたい!

 

The Selection 1〜4

Happily Ever After by Kiera Cass

The Selection

どの本も素早く読めます。そこまで内容は好きでもないけれど何故か読みたくなる本。

 

Carry On by Rainbow Rowell

Carry On (English Edition)

魔法使いの話ですが、現代が舞台。FanFictionという設定なのが理由かもしれません。ゲイのカップルが出てくる本は初でしたが、普通に楽しめました。

 

The Young Elites 1・2 by Marie Lu 

The Young Elites

Legend Trilogyが好きすぎて、買いました。10月に最終巻が出るのでそれに合わせて読む予定です。楽しみ。

 

3段目 Dystopian & Si-Fi

Shatter Me Trilogy 

Unite Me by Tahereh Mafi

Shatter Me

本当に好き。特に3巻のIgnite Meですね。表紙も好き。Tahereh Mafiも8月にMiddle Gradeの新作、Furthermoreが出るので今からワクワク。

 

The Lunar Chronicles by Marissa Meyer

Cinder (The Lunar Chronicles Book 1)

いやー、長かった。とにかく長かったけれど、面白い!最終巻は800ページ以上!Queen LavanaのストーリーであるFairestも案外好き。私の中でただの悪役では無くなりました。嫌いだけど。

 

Throne Of Glass 1〜3

The Assassin's Blade by Sarah J. Maas

Throne of Glass

これまた巨大シリーズ!早く読みたい!Sarah J. Maasの別シリーズも読みたい!!

Legend Trilogy by Marie Lu

Legend (A Legend Novel, Book 1)

最高!特に2巻のProdigyが好き。最高!

 

4段目 Contemporary

Me Before You by Jojo Moyes

Me Before You

オススメです。YAではないですが、そんなに難しくないので洋書に慣れていれば困らないと思います。ただ、題材は重めなので辛いものが読みたいときはオススメしません。
 

This Is What Happy Looks Like 

by Jennifer E. Smith

This Is What Happy Looks Like

少女漫画が苦手なタイプの方はオススメできませんが、Me Before Youとは逆で軽いものをサラッと読みたいならいいかもしれませんね。

 

Slammed 1〜3 

Hopeless by Colleen Hoover 

Slammed: A Novel

Hopeless (English Edition)

Slammedは面白かったです。2巻以降のPoint of RetreatとThis Girlはその後を描いた本です。2巻以降は読んでも読まなくてもどっちでも良いかなという印象ですが、Slammedはオススメ。Hopelessは今読んでいるThe Wrath and The Dawnが終わったら読むつもりです。

 

Saint Anything

Just Listen by Sarah Dessen

Saint Anything

Just Listen

YAのContemporaryをお探しならSaint Anythingを全力でオススメします!予想以上に好きになりました。表紙も素晴らしい。Just Listenはそのうち読み直したいです。当時わからなくて読み飛ばしたところが多々あるので。

 

Anna And the French Kiss

Lola And the Boy Next Door

Isla And the Happily Ever After

by Stephanie Perkins

Anna and the French Kiss (Anna & the French Kiss 1)

Lola and the Boy Next Door (Anna & the French Kiss 2)

Isla and the Happily Ever After (Anna & the French Kiss 3) 

3冊とも1冊で完結しますが、一応Trilogyという位置付けです。Anna and〜は展開が読めるのに楽しかったし、Lola and〜は途中からとても好きになりました。 Islaも楽しみです。

 

Attachments

Elenor & Park

Fangirl by Rainbow Rowell 

Attachments (English Edition)

Eleanor & Park. by Rainbow Rowell

Fangirl

 Fangirlは割と好きだったと記憶しています。Carry Onの方が好きだったかな。Carry Onを読んだ上でFangirlのSimon Snowからの引用部分を読んでみようかな。

後の2冊もなるべく早く、できれば今年のうちに読みたいです。

 

Everything,Everything by Nicola Yoon

Everything, Everything

本の作り自体が面白かったです。今度新作が出るので楽しみに待っています。

 

The Fault In Our Stars

Lookig For Alaska

Papertowns

Will Grayson,Will Grayson

An Abundance of Katherines by John Green

John Green - The Collection

Box Setで5冊まとめ買い!そのうち2冊しか読めていません。次はPapertownsを読むつもりですがいつになることやら…。

 

長かった!ようやく終わりました(笑)

こんなに洋書持ってたのか!イクラカカッテルンダコレ…と本棚を見て 驚くこともしばしば…。買い過ぎには気をつけます(笑)

 

ちなみに、ipodに入っているAudio BookはAudio Bookまとめてみた という記事に書いてありますので興味がある方は是非そちらも覗いてください! 

Looking For Alaska

今回ご紹介するのはJohn GreenのLooking For Alaskaです。

 

Looking For Alaska

Looking For Alaska

 

John GreenはThe Fault In Our Starsの作者として有名です。ちなみに、この作品は彼のデビュー作です。

 

私の評価は星3つ ⭐️⭐️⭐️

 

嫌いではないし、十分楽しめたのですが、クライマックスがあまり好きではなかったので。

 

ちなみに、タイトルにあるAlaskaは女の子の名前です!私は、地名だと思い込んでいたので、数ページ読んで思わずえ、人⁉︎と言ってしまいました(笑)

 

主人公は男の子(男の子目線の本ってYAでは珍しいと思います。いくつかの視点で描かれる本は別として、私にとっては初かもしれません!)で、名前はMiles。彼の趣味は伝記を読んでその人の人生最後の言葉を知ること(そして覚える)。そのMilesは高校を転校することを自ら決意。Great Perhapsを探して転校した彼は、Alaskaを含めた個性的な人々と出会い、色んな意味で成長していきます。

 

ざっくり言うとこんな感じの青春小説です。

あ、そんなことしちゃうんだ?みたいなこともします(笑)あまり現地の学校の事情を知らないので、そのせいもあるのかな。そこまで感情移入は出来ませんでした。

 

でも、笑えるシーンもたくさんありました。

この本はある出来事を中心として、そのBeforeとAfterのパートで構成されています。Afterパートがあまり好きではない展開でした。Beforeは面白かったです。

 

そんなわけでJohn GreenのLooking For Alaska、あまり長くないし1冊で完結ですから、夏にContemporaryが読みたい方はぜひ!

 

上半期、これを読んだ! 2016

今週のお題「2016上半期」

こんにちは!今回ははてなブログ今週のお題に乗っかって、2016年上半期に読んだ本をまとめてみました!

 

洋書編

Cinder

Cinder (The Lunar Chronicles Book 1)

Scarlet

Scarlet (The Lunar Chronicles Book 2)

Cress

Cress (The Lunar Chronicles Book 3)

 Fairest

Fairest: The Lunar Chronicles: Levana's Story

 Winter

Winter (The Lunar Chronicles Book 4)

Stars Above

Stars Above: A Lunar Chronicles Collection (The Lunar Chronicles)

はい、ここまで怒涛のLunar Chroniclesです!

Winterは820ページ超え!読む価値ありですから、長編に耐えられる方はぜひ!もう完結済みなので、続編を待つストレスもありませんよ(笑)私のお気に入りはScarletです。キャラクターとしては断トツThorneです。

 

Everything,Everything

Everything, Everything

Winterがあまりにも長いので途中で息抜きに読みました。サラッと読めるし、いろいろ工夫がある本で面白かったです。

 

Me Before You

Me Before You

泣きました。でも、ただの泣ける本ではないです。すごく重い話でもあって、命について考えさせられます。重いだけでなくてクスッと笑えるシーンやキュンとするシーンもあるので、読んで色々考えてみては?

 

Legend

Legend

Legend: the Graphic Novel

Prodigy

Prodigy (Legend)

Champion

Champion (Legend)

はい、続いてLegend Trilogy。以前1巻のみ翻訳版で読んでいたのですが、細かいところは何も覚えていなかったので1巻から読み直し。1巻より2巻、2巻より3巻とハラハラ度が増していきます。エンディングも私は満足ですが、一番のお気に入りはProdigyです。

 

Too Late

Wattpadというアプリで読んだ話です。作者は人気NewAdult作家のColleenHoover。作品はそこまで好きではなかったけれど、他の読者のコメントがすぐ見られるのが新鮮で楽しかったです。

 

Looking For Alaska

Looking For Alaska

The Fault In Our Starsで有名なJohn Greenのデビュー作です。何だろう…今までにない感じの本でしたね。US版は煙の表紙でそちらの方が好きだったのですが、本を読むとこの表紙の意味もわかって、こちらもお気に入りになりました。

 

Saint Anything

Saint Anything

 まず、表紙が好き!(笑)何故、この表紙なのかも本を読めばわかります!そして、タイトルも不思議ですが、これももちろん読めばわかる!(笑)読んで分からなかったら問題ですよね。表紙だけではなく、物語自体も好きでした。

 

Audible編

1月 Carry On

Carry On (Unabridged)

Carry On (Unabridged)

人気Contemporary作家のRainbow Rowell作のファンタジー。ただのファンタジーではなく、Fangirlという作品に出てくる架空の本、Simon SnowシリーズのファンフィクションをRainbow Rowellが書いたというややこしい設定です。魔法学校が舞台なので、あの魔法使いのシリーズに似ている点が多々あって面白いです。

 

2月 Allegiant

Allegiant: Divergent Trilogy, Book 3 (Unabridged)

Allegiant: Divergent Trilogy, Book 3 (Unabridged)

Divergent Trilogy最終巻です。日本語では読んだことがあったのですが英語では読んだことがなかったので買ってみました。起きて欲しくないことが色々起きますが、私は最終巻も含めて好きな作品です。

 

3月 Scarlet

Scarlet: The Lunar Chronicles, Book 2 (Unabridged)

Scarlet: The Lunar Chronicles, Book 2 (Unabridged)

Scarletを読みはじめたとき、なかなか読み進まなくてAudio Bookもなかなか進まず…。途中からどんどん面白くなって後半は一気です!

 

4月 Winter

Winter (Unabridged)

Winter (Unabridged)

長い!820ページ分を音声にすると23時間以上。ほぼ1日分。4月には聞き終わらず、5月にMe Before Youを聞き終えてから続きに。しかしそれでも終わらず6月に!残り8時間50分…。8月くらいには聞き終わるかな…(笑)

 

5月 Me Before You

Me Before You: A Novel (Unabridged)

Me Before You: A Novel (Unabridged)

  • Jojo Moyes
  • フィクション
  • ¥4300

話を知った上で聞いたので、泣きはしなかったですが、より深く考えました。1年に1回くらいは読むか聞くかしたいなあと思っています。

 

6月 Falling Kingdom 

Falling Kingdoms: Falling Kingdoms, Book 1 (Unabridged)

Falling Kingdoms: Falling Kingdoms, Book 1 (Unabridged)

  • Morgan Rhodes
  • SF/ファンタジー
  • ¥4500

 まだ聞き終わってはいませんがあと1時間ほどなので今週中には聞き終わるはずです。面白い!正直初めのうちは、あまり物語が掴めませんでした。とりあえず聞き取れなくても無視して聞き続けた結果、キャラクターとそれぞれの動きを把握できるようになり、すっかり楽しんでいます。7月は2巻を買う予定です。

 (無事6月中に聞き終わりました!続き楽しみ!)

 

和書編

振り返ってみたら全然読んでない!(笑)

一部翻訳物もありますが、和書に含めました。

読み終えた順です。

 

望郷

望郷 (文春文庫)

読んだのが1月なので、正直忘れかけていますが、読んだ当時の感想を見たところ、『光の航路』がお気に入りとのことです(自分の話ですが)。

 

読書力

読書力 (岩波新書)

本屋で見かけた時にタイトルが気になったので読みました。久しぶりに新書を読んだので刺激を受けました。普段読まないジャンルの本ももっと読まなければ…と改めて思いました。

 

高校入試

高校入試 (角川文庫)

湊かなえさんの本は文庫が出たらすぐ買うスタンスなので、この本は文庫化を楽しみにしていました。面白かったけれど、そこまで好きな作品ではないかな、という印象。ドラマは見ていなかったのですが、本とドラマの違いには興味がありますね。

時の旅人クレアⅢ 

時の旅人クレア〈3〉―アウトランダー(3) (ヴィレッジブックス)

アウトランダーの翻訳版3巻。ここまででOutlander 1冊分に相当します。3巻は読むのが辛いシーンも多かった印象。もし、この本を古本屋等で買って読み始めた方、ヴィレッジブックス版の時の旅人クレアⅢ(この表紙です)の訳者あとがきに今後の物語に関する壮大なネタバレがあります。思わず、何故!?と叫びました(笑)気をつけて下さい。新しいバージョンの文庫のことはわかりません。

 

ジェイン・エア(上)

ジェイン・エア(上) (光文社古典新訳文庫)

BookTubeで古典作品を紹介している人がいて、読んでみたいと思っていたのですが、さすがに原書はハードルが高いので翻訳版を。翻訳版といっても古典だと訳が古かったりしてなかなか読み進まないことが多いので新訳版にしました。これで好きだったら古い訳を探してみるのもアリかなーと思っています。

 

はい!これが上半期に読んだ本です!和書の少なさ!(笑)ブックオフなどで仕入れた本がたくさんありますが、読めていません。洋書って、時間かかるんですよね。積ん読のしすぎです。もう少し頑張ろう…(笑)

Miss Peregrine's Home for Peculiar Children

こんにちは!今回は、こちらのシリーズです!

Miss Peregrine's Home for Peculiar Children

Miss Peregrine's Home for Peculiar Children (Miss Peregrine's Peculiar Children)

 

私もまだ読んでいないので、あらすじは書けません(笑)

 

なぜ、読んでもいない本を選んだかというと、映画化されたからです!予告がこちら!(ネタバレがイヤな方は見ない方が良いと思いますが)

 

監督はティムバートン!ティムバートンが監督なら日本でも公開するかなーと期待しています。予告で流れている曲がものすごく好きです。頭に残ります。

 

BookTubeでもチラホラ見かける本で、興味はあったのですが、なんだか怖そうだったので未だ読んでいません。(ものすごく怖がりです)

この間恐る恐る予告を見たら面白そうだったので、それ以来猛烈に読みたい衝動に駆られています。しかし、そもそも本を持っていないので未だ読めずにいます(笑)

 

読んだらまた改めてレビューを書きます。

 

ちなみに、Trilogyです。

Miss Peregrine's Home for Peculiar Children (Miss Peregrine's Peculiar Children)

Hollow City: The Second Novel of Miss Peregrine's Peculiar Children

Library of Souls (EXP): The Third Novel of Miss Peregrine's Peculiar Children

 

そしてGraphic Novelもあります。

 

Miss Peregrine's Home for Peculiar Children: The Graphic Novel (Miss Peregrine's Peculiar Children: The Graphic Novel)

Hollow City: The Graphic Novel: The Second Novel of Miss Peregrine's Peculiar Children (Miss Peregrine's Peculiar Children: The Graphic Novel)

こちらは現在は2巻までです。

 

Audio Bookもあります。

作中に写真があって、それがこの本の良いところでもあるようなので、気に入ったらAudioBookもアリですがとりあえず本を読む方がいいかもしれません。

 

 1巻は『ハヤブサが守る家』として、日本語でも発売されていますが、なかなかのお値段で、3冊ペーパーバックで買うのとそう変わりません。映画が日本でも公開したら文庫化されるんでしょうか…。

ハヤブサが守る家 (海外文学セレクション)

 

Intimidating TBR

今日はBook Tubeからこのテーマを選んでみました!とても長くなります、ご了承くださいね。

 

#1 What books have you been unable to finish?

 

A Spy in the House (Agency (Paperback))

Isla and the Happily Ever After (Anna & the French Kiss 3)

goodreadsの履歴によるとA Spy in the Houseは7ヶ月前、Isla and the Happily Ever Afterは5ヶ月前に読み始めていますが、未だ読み終わっていません!A Spy〜は、Historical Fictionに興味を持ち始めた頃に、たまたまブックオフで見つけて、1冊500円だったので試しに3巻まで買ってみた本です。3分の1までは読み進めたのですが、途中で他の本に興味が移り、そのまま…。Isla 〜は、Anna and the French Kissと Lola and the Boy Next Doorをとても楽しんで読めたので買ったのですが、読み始めた後Contemporaryを読む気分ではなくなり、後回しにしてそのまま…。この夏の間に読みたい!という意思はあります(笑)

 

#2 What books have you yet to read because you just haven't had the time?

 

Outlander: A Novel

outlanderは、またまたブックオフで見つけて100円で買ったのですが、何しろ分厚い!しかも文字が小さくてビッシリ!こりゃ時間かかるぞーと思い、そのまま寝かせています。翻訳版もブックオフで買って、1巻分(翻訳版だと3冊)は読みました。これはYAではなくて、大人向けのHistorical Fictionです。いつも読む本と全く違ってそれはそれで楽しめました。1冊でも時間がかかりそうなのに、何冊も出てますからね。タイミングですね、要は。

 

#3 What books have you yet to read because it's a sequel?

The Land of Stories: Beyond the Kingdoms

このブログで記念すべき1冊目として紹介したThe Land of Storiesのシリーズ4作目です。

読みたいんですけどね…なかなかね。洋書は専らYAになってしまったのも原因かな。

 

#4 What books have you yet to read because it's a new release?

The Crown (The Selection, Book 5)

new releaseと言っても5月の頭に発売されたものですが。最終巻ですし、読まないわけには!

正直、The Heirの細かいところは忘れたのでもう一回読むことになりそうです。

 

#5 What book have you yet to read because you read a book by the same author and didn’t like it?

うーん。これまで、ヒット作しか読んでないのでハズレに当たることがそうなかったので難しいですね。

強いて言うならこれ!

The Statistical Probability of Love at First Sight

 表紙が可愛いから読みたいなーと思っていたのですが、This Is What Happy Looks Likeがそこまで好きではなかったので、他に読みたい本はたくさんあるし…と思って買っていません。

 

#6 What book have you yet to read because you aren’t in the mood?

Paper Towns

昨年映画化もされたPaper Townsです。洋書に興味を持ったばかりのころ、The Fault In Our Starsの映画が公開されたことと、BookTubeでも多くの人がオススメしていたので、どうせならと思ってJohn GreenのBox Setを買いました。が、未だに1冊しか読み終えていません。うーん。なんどか挑戦したもののまさに気分じゃない!と離脱…。現在、Looking For Alaskaを読んでいますが、こちらはまだ先になりそう…。

 

#7 What book have you yet to read because it’s humongous?

うーん。Winterの820ページ超えを経験したので、YAなら分厚くても読みたければ読むのですが…。#2と同じOutlanderですね!分厚い!

Outlander: A Novel

 

#8 What book have you yet to read because it was a cover buy with bad reviews?

これに関しては該当なし!

確かにジャケ買いも好きですが、ある程度レビューを見たり下調べしてから買うので。これは、ネットで買うのでそうなりますよね。衝動買いはなかなかしません。

 

#9 Which book on your TBR is the most intimidating to you? 

Throne of Glass

US版ペーパーバックで集めているので現在3巻までしか出ていないのですが、なかなか時間がかかりそうです!でも読みたい!でも今はContemporaryの気分!でも読みたい!って感じです。読みたい!読みます!(笑)

 

初めてBook Tagを引用してみました。

やはり長くなってしまいましたね(笑)

これからも面白そうなTagがあれば取り入れていきたいと思います!

Too Late

こんにちは!今回は前の記事でご紹介したwattpadというアプリで読んだ作品についてです。

 

タイトルはToo Lateで、作者はColleen Hooverです。

 

Colleen HooverはNew Adult(大学生ぐらいの人物が主人公のことが多いジャンルです)の人気作家です。(このブログでもSlammedをご紹介しました)そのColleenが、無料で作品を公開しているとの情報を入手し、読んでみました。

 

このToo Lateはwattpadのみに限定されているようで、今後出版するつもりもない、とのこと。

 

では、感想にいきましょう!

 

まず、冒頭の作者からのメッセージにもあったのですが、内容がなかなかハードです。

Slammedが私にとって初めてのNew Adult作品でしたが、正直YAとの差はほとんど感じなかったので、主人公の年齢層の違いくらいかなと思っていました。

ところが、この作品は本当にハードだったのでちょっとビックリ。18歳以下の方は読まない方が良いと思います。それくらい色んな意味でハードです。

 

主人公のSloanとそのBoyfriend Asaの周りで色々起こります。これだけ言うとまあ普通ですが、何度も言うようにハードですから、普通ではありません。正直、最後までイヤーな気持ちでした(笑)

 

みんな悪いし、みんな可哀想…。

これが私の感想です。この話に関してはネタバレせずに語れることがほぼないので、いつも以上に内容の薄い紹介になりましたが、Wattpadで読むという新しい体験としてはオススメです。

 

Wattpadの紹介記事でも書いた通り、他の読者のコメントがすぐ見られるので新鮮で面白かったです。

 

星は3つ!⭐️⭐️⭐️

内容としては正直イヤ。でも、辞められず結局最後まで読みました。イヤだったけど、考えるきっかけにはなったかな、と。

 

Wattpadはこちら!

 

Wattpad

こんにちは!今日はアプリのご紹介です!

Wattpad

 

簡単に言うと、小説投稿アプリです!

誰でも作品を投稿できるし、誰でも読めます。

 

Fan Ficもたくさんあるので、好きな人には便利だと思います。(もちろん、完全にオリジナルの作品もあります)ここに投稿して、人気が出ると出版社から声がかかる…なんてこともあるそうです。

 

私はFan Ficがそこまで好きではないのでダウンロードはしたものの、あまり使っていなかったのですが、Colleen HooverというNew Adult作家が無料で公開している作品があったのでつい読んでしまいました。それについてはまた別の記事で。

 

さて、このアプリの面白いところは、コメントです。ユーザーが作品に対してコメントすることができます。そこまでは普通ですが、コメントが文指定で行われるので、読んでいると横に数字の書かれた小さな吹き出しがあり、そこをタップすると他の人が書いたコメントが読めます。気に入ったセリフなどにピンポイントでコメントを書くことができるわけです。

 

自分はコメントを書かなくても、他の人のコメントを見ると共感できるものも多いので、友達と一緒に読んでいる感覚が味わえるかも!

 

ぜひ一度試してみてくださいね!