読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BGM

管理人について 洋楽
こんにちは!
突然ですが、皆さんは読者の時にBGMとして音楽を流したりしますか?

私は、読書中は基本的に聞きませんが、本を読みたいのになかなか読み進まないときはクラシックピアノを聴くことがあります。
歌を聴くと歌詞が気になったり、気にしていないつもりでもふと耳が歌詞を拾っていたりして読むのに集中できないのです。

そんな私が出会ったのが、こちら
Sleeping At Last
BookTubeを観ていた時(またかよ!)、コメント欄で本を書く時のBGMとしてオススメしている人がいたんです。数人の人が勧めていたので気になって検索したところ、3人組のバンドのようです。(詳しいことは知りません、すみません。まだ勉強不足なのでこれからボチボチ調べます)と、書いたところでWikiを見たら、3人組でスタートして、現在では1人がバンド名を残したまま活動していたようです!

Twilightの劇中歌として“Turning Pages”という曲が使われていたみたいです。これをきっかけに、YA好きの人で聴いている人が出てきたのかな…と推測しています。
Turning Page


全体的にしっとりした曲が多く、中には歌詞が無い演奏のみの楽曲もあるので、BGMにもいいかと思います。
私も昨日発見したところなのでまだ購入していないのですが、YouTubeにもあるのでぜひ聴いてみてください。(ちなみに、上の動画は公式動画です)

YouTubeで検索するとほとんどの音楽がタダで聴けてしまうので、お金を出して買うか迷うのですが、公式動画でない限りいくら聴いてもその人の利益には繋がらないんですよね。どんなに素敵な音楽を作る人でもやはり資金がないと継続して楽曲制作をするのは難しいですから、微力ながら貢献すべきかなと思っています。
とはいえ、気になった音楽を片っ端から買っていたらこちらも破産してしまいますので(笑)無料のコンテンツとうまく使い分けるのを心がけないといけませんね。
最近もSleeping At Last以外にクラシックピアノやAvett BrothersのアルバムをiTunesで買うか迷い続けています…(笑)


と、話が大きく逸れましたが、なぜこのBGMの話しかというと、BGMを流しながら本を読むのが気に入ったからです。

このブログでもご紹介しているThe Lunar Chroniclesの3巻Cressを読みながらSleeping at Lastを聴いていたら、すごく良いシーンでピッタリな曲が流れてきて、何だかジーンときたんです。おぉ!と思いました。
ただ、気に入って何度も読んでいる本でもない限り、先の展開はわかりませんからピッタリな曲が流れるかどうかは運ですね!(笑)今回のもたまったまです。シャッフルしてたので(笑)

とりあえず、思いの外BGM好きだなーと気づけたので良しとしましょう!