読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Audio Bookのすすめ

こんにちは!お久しぶりです。
今回はAudio Bookについてお話ししましょう!

そもそも、Audio Book(オーディオブック)というのは、音声収録された本のことです。文字通りですね。

このブログではThe Land of Storiesのお話をした時に、Audio Bookの話がチラッと出ているかと思います。
(前略) ただ、これがなかなか強敵です。TLOSには俳優でもある著者自らが読み手を務めているオーディオブックがあります。キャラクターによって声色を変えているのが面白いし、聞き応えは十分!と思い私も購入しましたが、速いです。思いの外速い。本を片手に聞いても即座に意味が取れない。正直半泣きでした(笑)
ところが最近ふと思い立って聞いてみると「あら?前より確実に聞き取れる!」とテンションアップ(笑)リスニング力上がったのかな。内容を知っているのも大きいかもしれませんね。
振り返ってみるとこんなことを書いていますね。この記事を書いてから早半年。果たして、私のリスニング能力に変化はあったのでしょうか。

はい、バリバリ変化しました!(自己申告)
 

現在、Audibleに加入して3ヶ月目です!
ここで、お話は変わってこのAudibleについて。ご存知の方もいらっしゃるのではないでしょうか。最近、日本でもサービスが開始しました。(日本のAudibleに洋書のコンテンツってあるのでしょうか。ご存知の方、教えてください)

Audibleとは、月額制のサービスで(単品購入も一応できます)月に14ドル程度払うと(曖昧…)1クレジットが入手できます。1クレジットにつき、1本のAudio Bookがダウンロードできます。日本円に換算すると現在は1800円ちょっとですね。ちなみに、最初の月は無料です。

これを12月に始めまして。現在3冊目です。はじめは、1ヶ月で1本も聞けるのか?と半信半疑でしたが、無料だし試そう!と思い、聞いてみたら…どハマりしました。

最初の1冊には私が今まで読んだ洋書で一番好きな作品、Ignite Meを選んだのですが、話が好きなのと、ナレーターとの相性がたまたま良かったのとですっかり虜になり、結局1ヶ月で3周しました(笑)が、2ヶ月目の先月はギリギリ1ヶ月で1周聞き終えたので、物語り自体と、声の相性は、本当に大事ですね。

そして、ひとつ問題が。入会前に、Anna And the French Kissを試聴して、すっかり気に入って、楽しみにしていたのですが、現在日本では購入できないようです。権利の問題なんでしょうか。Ignite Meも、その前の2冊は購入できないのです。今まで読んだ本で聞きたいものがたくさんあったのですが、高確率で入手できない…。詳しく知っている方がいらっしゃいましたら、ぜひ教えて下さい。

とはいえ、今月買ったAlligiantはなかなか声の相性が良くてハイペースで聞いています。

Audibleで買った本は、Audible公式のソフトで(無料)iTunesなどにダウンロード出来ますので、音楽プレーヤーに入れることももちろん可能です!これは基本的なことですが、かなり重要です。さらに、購入後に気に入らなければ交換もできるようです。なかなかありがたいシステムです。

さて、話を戻してAudio Book全体の話を。
結論から言うと、耳で本を楽しむにはある程度の英語力が必要です。ほとんど聞き取れない状態から始めても、諦めず続ければ、いつかスラスラ聞き取れるようになるとは思うのですが、Audio Bookはどうしてもお金がかかるので、大変ですし、聞き取れないことが苦痛になると全く楽しめません。

そこで、Audio Bookの前段階として、BookTubeがオススメです。このブログにはたびたび登場していますが、BookTubeとはYouTubeの本に関する動画のことで、特にYAの読者向けの動画が多いです。オススメの本の紹介をしたり、1冊の本について自分の考えを語ったりするのが主なBookTubeなのですが、これならもちろん無料ですし、聞き取れなくても映像で若干補えるわけです。

実際、私も初めてBookTubeを見たときは正直2割しかわかりませんでした。が、ふと気がついたらとくに苦もなく9割は理解していることに気づきました。無料ですが、なかなか良い教材です。いろんな地域の人が動画を公開しているので、アクセントが違ったりしてまた楽しいですね。勉強の休憩に1本見れば、気分も変わるし英語も聞けるし、一石二鳥です!

と、いうわけでまとめです!

Audio Bookのすすめ

その1 ある程度のリスニング力をつけよう!     (BookTubeは流行りの本もわかるし、オススメです!)

その2 試聴!
(初めは文字で読んだことがあり、なおかつ気に入っている物語がオススメです!ナレーターの声や話し方がキライじゃないかも念入りにチェック!ここで躓くと、多分全部聞けません)

その3  お財布と相談!
(やはり、本はお金がかかりますので、ここはじっくり悩みましょう。初めの1ヶ月は無料なので、1本試すのももちろんアリですが、翌月には自動で引き落とされますので、退会するか否か慎重に考えて!)

その4 楽しんで聞く!
(いざ聞き出したら、一言一句完璧に聞くぞ!なんて気合を入れすぎないよう注意!あくまでも娯楽なので、楽しみましょう!ここ、肝心です!)



長くなりましたが、最後に一つ。BookTubeでYouTubeを使っているとわかってくるかもしれませんが、悲しいことにAudioBookはYouTubeにもアップされている場合があります。が、もちろん非公式ですし、やはり本を楽しむときには、作者への応援と感謝や敬意を込めてお金を使うべきだと私は思っています。無料だったら嬉しいけれど、みんながそれをしてしまうと、作家の収入は減る一方になってしまうでしょうし、そうなるといくら素敵な作家さんでも続けられません。


長くなりましたが、総合するとAudio Book、オススメです!ということです(笑)ここまでお付き合いいただき、ありがとうございました!