読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Cry Worthy Books

はい、初のブックトークですね。
今回は“Cry Worthy Books”つまり、泣ける本です。

早速泣ける本をご紹介します!

と言いたいところですが、ここで早くも問題が発生しました。
私、基本的泣きません。
(なぜこのテーマにした!?という苦情は受け付けません。ごめんなさい)

昔から、本を読んでも映画を見ても泣かないんですよね。感動はしてます。が、涙は出ない。というタイプです。

そんなわけで、かなり紹介できる本が少なくなりそうですが、
こんな私が泣くんだから、皆さんも高確率で泣けるはず!
とポジティブにとらえて頑張っていきましょう(なんのこっちゃ)

では、ようやく1冊目!(紹介:2015年12月)

Allegiant

Allegiant (Divergent Series)


Divergent Trilogyの最終巻です!
泣きました。最終巻のラストなので、詳しくは話せませんが、泣きました。なんなら、次の日1日引きずりました。ふとした時に思い出してはため息…という謎の心理状態に陥りました。この私が!泣いている自分に、自分が一番驚きましたね。最初はショックだったけれど、落ち着いて思い出すと、これ以上のラストはなかったかなとも思えてきて複雑…。私、Divergentは洋書を読み始める前から翻訳版で読んでいたので、最終巻が翻訳されるまで1年待っていたのですが、原書を買ってしまえばよかった!と思います。これからDivergentをお読みになる方は、くれぐれもどこかで最終巻のネタバレを見ないようご注意下さい。


そして2冊目!(紹介日:2016年4月)
Me Before You

Me Before You

泣きました。笑って、キュンとして、泣きました。が、軽い本ではないのである程度の覚悟を持って読むことをオススメします。命について深く考えるきっかけになりました。泣ける本に入れるべきか迷いましたが、泣いたことに変わりはないので入れておきます…。