読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そして洋書に出会った②

少し話は逸れますが、私、海外ドラマや洋楽も好きなんです。

 
海外ドラマは、NHKでやっているティーンエイジャー向けのコメディを見てすっかりハマったのをきっかけに、ハイスクールミュージカルにどっぷりハマり、その後、gleeに見事にハマりました。ハイスクールミュージカルとgleeに関しては、お小遣いはたいてブルーレイ買いました、はい。そして、元取れるくらい現在進行形でリピートしています(笑)
 
gleeのお気に入りキャラは、カート。
“Defying Gravity”でやられました。
カートはオシャレで心優しい、ハイトーンボイスが魅力のゲイの少年です。
gleeについてよく知らない方はぜひ、動画検索してみてくださいねー。
 
と、洋書どこいった⁉︎という展開になりましたが、実は関係あるんです。gleeにハマったばかりの頃に、カート役の俳優、クリス・コルファーについて調べていたところ、彼が本を出版しているという情報をゲットしたのです!
 
グリム童話など、みんなが知っているおとぎ話に関係するファンタジーで、現地の小学生くらいが対象の本です。そうです、多読初心者にふさわしいレベルです!が、ページ数見てビックリ。なんと、本編のラストが438ページ。Wow.
 
前回紹介した“Nate〜”は60ページちょっと。7倍のページ数だし、第一文字の大きさが違う!
 
悩みました。読んでみたい。でも…1000円以上かけて、読めなかったら…。
 
結果。クリスマスだったか、誕生日だったか…プレゼントで母に買ってもらいました。読みきれなかったらお金は返します、という約束付きだった記憶が…(笑)
 
著者本人の声で収録されたオーディオブックも買ってもらったのですが、これがまたなかなか……長くなるので、またにしますね。
 
タイトルだけ発表して、次に持ち越したいと思います。先にこれだけ。
 
オススメです!
 

 

 

 

The Land of Stories: The Wishing Spell

The Land of Stories: The Wishing Spell

 

 

 

 

ついでにDfying Gravityも!ぜひ聴いてみて下さい(クリス・コルファーのソロバージョンもありますが、レイチェル役のリア・ミシェルとのデュエットが個人的に好きです。)
 

Defying Gravity (Glee Cast Version)

Defying Gravity (Glee Cast Version)

  • Glee Cast
  • ポップ
  • ¥200