そして洋書に出会った④

では、最後に私の英語多読のこだわりについてです。 その1 辞書は引かない! 前回も述べたように、辞書は極力引きません。何回も何回も出てきて、絶対重要な単語なのにわからない!というときだけ例外的に辞書に頼りますが、それ以外は前後から読み取り、正…

そして洋書に出会った③

では、ようやく本題に。 前回の最後にチラッと紹介しましたが改めて。 私の読書人生を変えた(?)1冊はChris Colferの処女作、“The Land of Stories”です。 読み始めると、やはり本の分厚さとページ一面に広がる英字に圧倒されました。そして、語彙力がないの…

そして洋書に出会った②

少し話は逸れますが、私、海外ドラマや洋楽も好きなんです。 海外ドラマは、NHKでやっているティーンエイジャー向けのコメディを見てすっかりハマったのをきっかけに、ハイスクールミュージカルにどっぷりハマり、その後、gleeに見事にハマりました。ハイス…

そして洋書に出会った①

突然ですが、数年前から英語の学習法として、よく多読が挙げられますよね。総単語数の少ない本から始めてとにかく量をこなすことで、英語を英語として捉える力をつける、というのが私の持つイメージです。私自身、多読に興味があって、書店に行ったら多読法…

はじめまして

はじめまして。このブログでは、オススメの本を紹介していきたいと思います。日本の小説から洋書まで、とにかく私の読んだ本をまったり紹介するつもりです。みなさんもオススメの作品があればぜひぜひ教えてくださいね!ご注意!ただの本好きな学生なので、…